水草茂の真実妄想

注射のお話 その9 人間デバイス化!?

この記事は多くの方にとっては、かなりぶっ飛んだ内容となっておりますので、あくまで私の妄想と思ってください。

私は個人的にコロナワクチンは、コロナ感染予防に全く効果がないと考えています。

では何のためのワクチン接種でしょうか?

それは人口の1パーセント支配者が、人類をより支配しやすくするためのシステムを構築するためではないかと思っています。

コロナワクチンの中には、ICチップが入れられているという話があります(すべてではなく、ランダムに入っているようです)。

私も最初この話を聞いたときには、SF映画じゃあるまいし、そんなことが起こりっこないと思っていました。

しかし、日本でコロナワクチン接種が始まったころ、金属の異物が混入していたということでニュースになり、ひょっとして本当なのかもしれないと考えるようになったのです。

この記事を読む 日テレNEWS モデルナ製ワクチンに異物混入・・・金属片か

使用を中止し、全数回収するのが当然だと思われますが、驚いたことに異物混入が発見されたロットのワクチンのみ使用中止(しかも異物混入が確認されたロットの一部はすでに接種されている)しています。

このころから私も、やはり何かおかしいと思いはじめました。

本当にICチップが入っているのか?

しかしなぜICチップが入っていると言われているのか?

その理由の一つは、ICチップの入ったと思われるコロナワクチンを接種された人がBluetoothに接続されるという話があります。

この動画をご覧ください。

ニコニコ動画で「コロナワクチン危険で不可解!ブルートゥースに接続される!」を見る

動画ではアストラゼネカ製ワクチンを接種した人が、Bluetoothデバイスに近付くと「アストラゼネカ」と表示されるというものです(スマホのOSをアップデートしていると、今のOSでは反応しないようです)。

この動画が本当なら気味悪いですよね。

人々をブルートゥースに接続させる目的は何?

支配者層の人たちは、一体なぜ人々をブルートゥースに接続させようとしているのか?

それは人々の思考をコントロールし、服従させるためだと思われます。

いまスマートフォンは5Gの時代になりつつありますが、この5Gの電波を使ってコロナワクチンを接種した人たちにブルートゥースで接続し、支配者祖の考え方に抵抗しないようにしたいわけです。

今後新型コロナワクチンの問題が表面化したとき、きっと政府は強制はしていないとか、自己責任だとか言うでしょう。

後悔しないために、ワクチンを接種する前に、まず一度調べてみて下さい。

しかし、5Gによる支配層の計画は現在阻止されたという情報もあります。

エリザベス女王の死去も報道されましたので、これからこの支配構造も大転換することも期待されます。

すでに大日月地神示でいう”世の立て替え、立て直し”、”大峠”の時代が始まっているので、数か月から数年(2、3年)の間は大混乱の時期となりそうです。

飲み水や、食料が不足する事態になる可能性もありますので、食料品や日用品、現金はある程度用意しておいた方が良いでしょう(長期化する場合は自給自足しなければいけないかもしれません)。

9月は大きな出来事が起こりそう。

シートベルトはしっかり締めて行きましょう。

-水草茂の真実妄想